炎上してしまう前に!誹謗中傷対策のススメ

事前に誹謗中傷を防ぐために

芸能人、一般人に関わらず誹謗中傷をされてしまうようになった近年ですが、多くのケースが『過激または公序良俗に反する言動や行動をネットにアップしたため』に起こったものと言えます。企業の社員が顧客の情報をSNSにアップする、多くの人が不快感を覚えるような発言をするなど、やってはいけないことをやってしまった為に誹謗中傷が始まっています。こういった事態を防ぐには、企業や一般人を問わずにネットリテラシーを養うことが重要です。

具体的なネット誹謗中傷対策は?

大原則としては『人を煽る攻撃的な発言をしない、不快感を抱かせるようなことをしない、法律に違反する投稿をしないこと』です。誹謗中傷の多くは『その人や企業に対して反感を持つ』ところから始まります。SNSに参加している場合は自分の発言やアップロードする写真と動画には細心の注意を払いましょう。

もう誹謗中傷に遭っている場合は?

少人数が行っている誹謗中傷に対しては反論せず、誹謗中傷の書き込みを保存したあとに削除しておきましょう。削除後に誹謗中傷が収束していく可能性もあれば、どんどん拡大していくケースも考えられます。法的手段に出たい場合は、証拠の書き込みが必要になりますのでプリントアウトやスクリーンショットで誹謗中傷書き込みの撮影をしておきましょう。

企業の場合はどうすればいい?

検索結果に自社や社員に対する誹謗中傷の書き込みが見られる場合は、まず掲示板やホームページの管理者に削除依頼をしましょう。無視されたり、管理者が削除に応じないときは運営会社に連絡をしてください。大抵は運営会社が該当の書き込みを削除するか、ホームページや掲示板自体を凍結します。検索結果に誹謗中傷書き込みが多くある際は、削除や逆SEOに強い専門の業者に依頼をしましょう。

ネット時代は一度webに上がると完全に削除するのは無理なので、誹謗中傷対策としては、検索しても上位に上がらないようにするなどの目立たないようにするのが定番です。