あなたはどれを選ぶ?ホームページ作成方法あれこれ

ホームページ作成サービスを利用する

web上のホームページ作成サービスでは、マウスでパーツをドラッグ&ドロップするだけで簡単にホームページが作れます。HTMLなどの専門的な知識は必要なくブラウザ上でほぼ全ての作業を完結できるので、他のソフトウェアをダウンロードする必要もなくファイルをアップロードする手間もありません。基本的に無料と有料の両方のプランがあり無料の場合にはホームページ内に広告が掲載されますが、ホームページ作成サービスの無料プランはもっとも簡単にホームページを作れる手段の一つといえるでしょう。

CMSを使ってホームページを作る

CMSは、多くのページを含むホームページやブログを中心としたホームページを作りたい場合に便利です。あらかじめ用意されているテンプレートに本文などの中身を追加していくだけで、簡単に新しいページを増やすことができます。テンプレートを変更するだけで全てのデザインを一括して変更することも可能です。また、HTMLなどの専門的な知識を身につければ、自らテンプレートを作成したりテンプレートをカスタマイズしたりと自由度もあります。

専門的な知識を身につけて一からホームページを作る

一からホームページを作るには、まずHTMLとCSSを覚える必要があります。HTMLはホームページの構造を定義するための言語です。たとえば、段落や見出し、改行などの細かい部分から、メインコンテンツやサイドバー、ヘッダーなどの大きな構造までをタグと呼ばれるもので定義していきます。CSSはHTMLで定義された各部分を装飾していく言語です。具体的には、見出しなどの文字に対して文字の大きさを調整したり色を変えたりという細かな部分から、各コンテンツの大きさや並べ方を決めるといった大きな部分までをCSSで定義できます。

ホームページ制作において特に重要な要素は、「コンテンツ」です。「コンテンツ」はホームページの核となるものですので、きちんと中身のあるものにしなければなりません。デザインよりも重要度が高いと言えます。