義務化への対応!ストレスチェックシステムの選び方

ストレスチェックの義務化への対応が必須

ストレスチェックは多くの企業では義務として行わなければならなくなりました。社員がストレスを抱えて辞職してしまったり、病的な状況に陥ってしまったりすることを阻止するために定期的なストレスチェックとフォローが義務付けられています。ストレスチェックへの対応を余儀なくされている状況を受けて、IT業界ではストレスチェックシステムを開発するようになりました。様々な仕様のシステムが開発されて提供されるようになっているため、最適なものを選び出す必要が生じています。

アウトソーシングできるシステムが便利

ストレスチェックを社内で行うのは困難が伴いがちです。必要な人材の確保と運用するための規定の策定などを行っていると莫大な費用と時間がかかってしまいます。ストレスチェックシステムを利用して簡便にストレスチェックを行えるようにするには、アウトソーシング型のシステムを選ぶのが最適です。ストレスチェックシートの作成からオンラインシステム上での実施、結果の集計やコンサルティングの手配に至るまで一通りをカバーしてくれるストレスチェックシステムがいくつも存在しています。契約してしまえばシステムを社内に導入しておくだけで定期的にストレスチェックを実施してもらえるのが魅力です。また、これからストレスチェックに対する義務内容が変化したとしても適切な形で対応を取ってくれると期待できます。事業主としてストレスチェックの内容の変遷を気にかけることなく、事業に集中できるようになるのもメリットです。

ストレスチェックとは、労働者が抱えるストレスの程度を調べる簡単な検査になっています。ストレスチェックシステムは労働者のメンタルヘルスの不調を未然に防止することを、主な目的にしています。