パソコン向けとスマートフォン向けでは何かが違うWebサイト

パソコン用サイトは閲覧できるけど見づらい

Webサイトの閲覧は、パソコンでなく扱いが簡単なタブレットやスマートフォンを使う人は少なくないでしょう。スマートフォンでは、パソコン用のサイトを手軽に閲覧できます。しかし、持ち歩きを目的にしているスマートフォンの画面はパソコンに比べると小さいのが特徴です。そのため、パソコン用Webサイトの一部はスマートフォンで見づらいということもあります。Webサイトを作るなら、スマートフォン向けのサイトを別に用意しておくことが大切です。逆にパソコンではスマートフォン向けWebサイトを見ると、物足りなく感じることもあります。余裕があるなら、パソコン用とスマートフォン用の二つは用意しておくことがおすすめです。

画面の大きさに注意して作って見ましょう

スマートフォンはパソコンに比べて、一度に表示できる情報量に限界があります。パソコンではスクロールをしないで読める文章でも、スマートフォンでは長く感じることも少なくありません。Webサイトを作成する際には、1ページあたりに載せる文字数の量を少なめに設定しておくことが大切です。パソコン用Webサイトに多い横に長いデザインもスマートフォンには不向きでしょう。横にスクロールするか、全体を縮小しないと閲覧することができません。パソコン向けWebサイトでは、ページを縦に分割して記事や写真を表示させるデザインが多く見られます。このデザインもスマートフォンには見づらいですし、データ量が重くなりがちなので注意が必要です。重いページは情報のダウンロードに時間がかかるので、通信料を気にする人には敬遠されます。

スマートフォンサイト制作では、限られた画面サイズでも見やすいレイアウトを意識することで、優れた操作性を誇るサイトに仕上がります。