照明は長く使うのがエコ?LED照明の性質を理解して正しく使おう!

家庭用LED照明を使用するメリット

LED照明は従来の蛍光灯や電球と比べて耐用年数が長いのが大きな特徴です。また、電力消費量が少ないので長く使い続けるほど維持費を低く抑えることが出来るメリットがあります。LED照明は光が拡散しにくい性質を持つので吹き抜けなどの高所から使用しても対象部分を明るく照らすことが出来ます。そのため、室内を昼間のように明るくすることが可能です。家庭でのLED照明は広い部分を照らせるように形状が工夫されている製品が多いので、用途に合わせて使い分けることが出来ます。特に電球と同じ形状の製品は設置器具をそのまま転用出来るので、場所を問わず明るく出来るようになっています。LED照明は使用中に紫外線を放出しないので、屋外で使っても虫が集まる心配がありません。そのため、庭やガレージの照明に使うことも出来ます。

LED照明が傷む原因と対処法

LED照明は長時間の連続使用を前提に作られた照明機器なので、頻繁にスイッチを切ると品質が低下する可能性があります。また極端に温度が変化する環境でも傷みが生じてしまうので、家庭で使用する際は十分に注意する必要があります。特に短時間の使用を頻繁に繰り返す場所ではLED照明を使うと却って維持コストが嵩んでしまうので慎重に判断します。

LED照明は衝撃にも弱いので運搬や設置の際は丁寧に扱うことが大切です。店舗に置かれている製品であっても強い日差しや振動に晒されていると次第に劣化してしまうので購入の際は確認が不可欠です。近年では安価で販売している海外製の製品も普及していますが、稀に日本の安全基準を満たしていない粗悪品も混在しているので細心の注意を払うのが快適な居住空間を保つ心得になります。

ledパネルは、電気代があまり掛からない事に加えて多彩な色を生み出す事が出来るので、広告等に多く使われています。